適量のトリートメントでケアする

By | 2017年2月4日

ヘアケアでトリートメントを使う時は、適量を使用することが大切です。トリートメントは、髪の内部まで成分を浸透させて髪のダメージをケアしたり、髪の質感をコントロールして髪のハネやうねりを抑えてくれます。トリートメントは、シャンプーで髪と頭皮の汚れをしっかり落としてから使います。

手のひらに広げ、毛先から髪全体になじませます。この時に適量のトリートメントを使うことが、ヘアケアのポイントです。トリートメントに髪の傷みを補修する効果があるといっても、大量につければいいというものではありません。大量につけても浸透力は変わりませんし、すすぐ時に洗い流されてしまいます。それどころか、つけすぎはかえって日焼けや退色など髪のトラブルの原因になります。では、適量はどのくらいかというと、セミロングの場合5~8グラムが目安となります。

手のひらで500円硬貨くらいの大きさに広がれば、約5グラムです。ポンプタイプの場合、プッシュ1回で約3グラムになります。髪になじませた後、しばらくおいた方が効果的です。その後、髪をこすらないよう、やさしく洗い流しましょう。トリートメントは髪のダメージ改善に役立ちます。正しい使い方をして、ヘアケアの効果をアップさせましょう。